慰謝料の時効

慰謝料の時効


離婚を選択した人の中には、慰謝料などを良く考えずに慌てて
離婚したという人もたくさんおられるでしょう。

離婚してからふと冷静になって、慰謝料を受け取りたいと考えてしまう人もいます。
そう感じている方も、悩まないでください。

離婚後の慰謝料には、離婚をした時から3年間という時効があり、
これは慰謝料の請求権をすることができます。

この3年という期間を超えてしまうと、残念なことに
慰謝料の請求ができないようなので気をつけましょう。

離婚した後に受け取る慰謝料は、可能なら早めに請求するのが良いでしょう。

但し、離婚の時に、この先何も請求しないなどの誓約書を交わしたのであれば、
言うまでもなく慰謝料を受け取ることはできません。

配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する場合には、慰謝料を払うよう求める書面を
内容証明郵便で相手方へ送ります。
その次に、裁判所で賠償のための慰謝料を請求することとなります。
文書の送付を行なっただけでは、慰謝料の請求にはなっていないので覚えておきましょう。

不貞行為や不倫などを知った場合にも、その日から3年以内という慰謝料を請求すに関する時効が決められています。
これは、起点が知った日となるので、離婚してから何年経っていても時効3年が開始されます。

離婚の協議を二人で行なう時に、慰謝料に関することも考えておくことがとても大切です。
しかし、離婚後であっても慰謝料請求が認められていることも知っておきましょう。