熟年離婚について

熟年離婚について


この頃は、子どもも成長した後の熟年離婚が多くなっているようですが、慎重さを欠いた離婚は注意しなければなりません。

もし熟年離婚を考え中なら、離婚準備は冷静に行なうよう心掛けましょう。

「熟年」の離婚に限りませんが、離婚する場合には、その後の生活について考える必要があります。

熟年離婚を選ぶ時には、慰謝料の他にも、年金分割・財産分与についても熟慮が必要です。

この年金は、厚生年金のみで、国民年金はその対象ではないのでこの点覚えておいてください。

年金分割制度が開始して熟年になってからでも離婚を選んだという方もたくさんいるようです。

慰謝料を請求するというのは、配偶者から精神的苦痛を受けた時に、損害賠償として支払われるお金のことを指しています。

こうしたことを考えると、性格の不一致が離婚したい理由ならば、慰謝料は認められません。

子どもを連れて離婚する場合には、養育費も請求することが可能です。

これまでの年月である程度の財産もあるので熟年離婚では、どう分配するかでもめてしまうこともあります。

女性の立場となると、これまで専業主婦だったという方も多く、離婚後の生活を支える収入についても大事な問題となります。

離婚を決めてしまう前にその後の生活をどのように送るのか考えてみることが欠かせません。

離婚の相談を、無料で応じてくれるところもありますから、相談に行ってみましょう。

もう離婚しようという気持ちがはっきりとしているならば、慰謝料などの金銭面に関して専門家に依頼するのもひとつの方法ではないでしょうか。