課税?

課税?


結婚生活において問題が出て離婚を選ぼうか検討している人にとって、
慰謝料のことが気になることでしょう。

離婚する際にもらう慰謝料は課税の対象とみなされるでしょうか。
離婚に関連して支払われるお金に関しては、莫大な額でなければ課税されません。
受け取る立場でも支払う立場でも税金がかかることがありません。

とはいっても、慰謝料は何も金銭だけには限られません。
自宅や土地などの財産を慰謝料とするのであれば、不動産を取得した際に課せられる
税金を支払わなければならなくなる可能性もあります。

不動産取得税というのはもらう受ける側にかかる税金で
結婚している間に購入した財産分与の場合、半額となりますが
それ以上の場合は税金が課されます。

独身時代から所有していた不動産には、減額の対象から外れますのできちんと確認しましょう。

要は、結婚後の財産は2人で分け合うべきだということです。
共有してきた財産を夫婦二人で分けるなら、不動産や預貯金における贈与税が課税されません。

ですから、離婚する時の慰謝料には課税の対象外となります。
二人で築き上げてきた大切な財産ですから、お互いが合意できるように
スムーズな話し合いができるようにしたいものです。

不動産分配について不明な点があるなら、弁護士に相談してみるのもよいでしょう。
自分の勝手な判断で解決しようとすると、今後のトラブルの原因になるかもしれません。
離婚の話を進める前に、互いに持っている財産を正確に把握しておきましょう。
後で隠しておいた財産などが発覚すると、あとから大きな問題になってしまいます。