婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪


配偶者の浮気やDVなどが離婚をする原因となっているときには、相手に慰謝料の請求ができます。

慰謝料請求の際に婚約、結婚の際にそれぞれもらった指輪は
どうしたらよいかと迷っている人もいることでしょう。
夫または妻に指輪を返すよう言われる人も多いようです。

婚約指輪については、そもそも夫に何かがあった場合に、妻に残すことができる
財産のひとつとして贈るという意味もあるようです。

こうした理由で、婚約する時に渡す指輪は金額の高いものを購入するようです。

この婚約指輪については無償で譲渡する物のため、離婚の際に返還する必要がないので困ることはありません。
離婚の際の慰謝料として返さずに持っておく人も多いようです。

結婚指輪は、良く知られている通り、結婚しているという意味で指輪の交換をします。
それで、離婚したなら必要のない指輪となります。

はめていた結婚指輪を返すよう頼まれたら、迷わず返すと言う人も多いことでしょう。
指輪の扱いは人それぞれでしょうが、指輪に関して困ったことになったら、
弁護士に任せることがいいでしょう。

取るに足りないことで多大の労力を使ってしまうのは、とてももったいないことです。
お気に入りの指輪であっても、執着してしまうのは、良くないので注意しましょう。

整理したい指輪を買い取りしているところやリフォーム可能なところもありますから、
お願いしてみるのも良いでしょう。

指輪の扱い方如何では、気持ちを切り替えて自分の新しい人生に踏み出すことができるようになります。