慰謝料の相場

慰謝料の相場


結婚関係で問題が起きたために、離婚を口にしたことがある人は多いことでしょう。

自分には落ち度がなく、相手の暴力や浮気などによって離婚を考える場合には、
配偶者に慰謝料を請求することが出来ます。

離婚の慰謝料は、配偶者から与えられた苦痛を償ってもらうために
支払われる賠償金のことです。

それでは、離婚の時の慰謝料金額はどの程度のものなのでしょうか。

有名な人が離婚する時には、数億円の慰謝料が支払われたと
ニュースで言っていたりします。

それは一般の家庭ではあり得ないので、それが相場とは思わないでください。

離婚の時の慰謝料は、決まった金額があるというわけではありません。
明確な金額設定はありませんが、離婚することになった理由やこれまでの
慰謝料のデータと比べて、おおよその相場を算出することは可能です。

離婚の事由はいろいろですから、こうして出された相場に当てはまるというわけではありません。

ごく普通の家庭だと、100から300万円の間くらいが適当な慰謝料の金額でしょう。
最高でも400万円前後と思ってください。

結婚していた年数が長いほど、離婚時に支払う慰謝料も多くなります。
なぜかというと、夫婦であった期間の長さでどちらが責任能力が大きいかが変わってくるのです。

夫婦間で争いになった場合には、夫婦で会った年月など様々な条件を考慮して
最終的に裁判官が判断を下すことになります。

相場がいくらになるかを調べても良いですが、
あくまでも参考程度にしておいてください。