離婚の財産分与について

離婚の財産分与について


離婚することになると、お金のことでトラブルになることが多いようで、
中でも慰謝料として支払う金額と財産分与についてということになります。

慰謝料請求というのは、何らかの苦痛を与えた側が支払うお金ですが、
財産分与の仕方は異なります。

財産と言うのは、夫婦で共に残してきたものですから、等分に分配されることになります。

ですが、結婚前に作り上げた財産や親から贈与を受けた財産などは二人の財産とは見なしません。
財産分与にあたるのは、婚姻期間中に二人で築き上げた財産だけということになります。
そうした点から、離婚の原因を作ってしまった方であっても、財産分与を請求することは可能です。

財産の分与の仕方は、絶対に半分ということではなく、ケースバイケースのようです。
慰謝料を払う側の財産が不動産だけという場合には、支払う慰謝料として不動産を相手に引き渡すことになります。

この際、不動産を受け渡す側に「譲渡所得税」が発生する場合もあるので、注意するようにしてください。

離婚する時に協議に財産分与を含めていなくても、離婚成立時から2年以内なら財産分与についての話し合いの場を設けることができます。
但し、夫婦の財産といわれるものはプラスの財産だけではありません。

ローンなどの借金などもマイナスの財産の中に含められてしまうので、注意するようにしてください。

離婚における慰謝料請求には、財産分与の請求も同時にできるそうです。
離婚の際に債務額が多いようなら、財産放棄も検討する必要があるでしょう。
財産分与や慰謝料における不明な点は、専門家の指示を仰ぐことが一番です。